サクラんとミクロん
私(サクラん)が趣味で買い集めたミクロマンやガチャガチャなどの小さな隣人に関するレビューとか愚痴や雑談など。


カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



プロフィール

サクラん

Author:サクラん
サクラんのブログへようこそ!
ミクロマンとガチャフィギュアが中心のブログです。
まあ、ゲームの事とか向こうからこちらに移行していきますけどね

日記形式のブログではないので古い記事にもコメント大歓迎です。
(紹介文ぱくってますw)日記的な部分もあるけど気にするなーー

ええと、私がここのブログにそぐわないと思う記事はさくっと消すんでよろしく!(とくにエロへの誘導などはすぐ消すからね



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ポスナーシュロスマン症候群
ポスナーシュロスマン症候群(ポスナーシュロスマンしょうこうぐん、
英語: Posner-Schlossman Syndrome)は、1948年に米国のPosner とSchlossman
により報告された
目の病気の一種。別名:緑内障性毛様体炎発症(英語: glaucomatocyclitic crisis)。
片方の目に、著しい眼圧上昇を伴った軽微な虹彩毛様体炎が繰り返して発生する。
「眼の炎症に続発する緑内障」に分類されるが、通常は視野の欠損が伴わない
こと、症状が可逆性であることからいわゆる緑内障とは区別される。

特徴
著しい眼圧上昇(例えば40~60mmHg)にもかかわらず眼球痛がそれほどでもない
ことが多いこと、炎症は軽微なことが特徴。霧視、虹輪視、白目の充血、頭痛を
伴うこともある。
数時間から数週間で寛解するが、多くは数ヶ月から数年の周期で再発と寛解を
繰り返し、10年以上継続することも珍しくない。
ほとんどのケースでは20~50歳。
男性に多い。両目に発症することもあるが同時に発作が起こることは稀である。





私の右目の症状はコレかなって今行ってる眼科で言われました
東京の行ってた病院では眼圧上がってますねってさらって感じに流されてたわけで

つい最近もまた右目がすりガラスのような感じになってたんで仕事を休み眼科へ
眼圧も上がり頭も変に重かったんですよね
(正直最初の頃脳の血管やばいんじゃないかと思ってたぐらい)
ここ数日そんな感じです
パソコン登録作業の方は2日ほど休みをもらいました
コンビニバイトの方は眼圧もその日はあまり上がってなかったので時間も短いし
出勤(なんとか右目の眼圧は上がらなかったんでよかったです)
次の日(今日)は通常の休みだったので眼科と整骨院へ
休んでいると電話で仕事出て欲しいと言われましたが病院行くんでと休みますと
お断りのメールを

ほんともうガタガタですね わしの体  (´・ω・`)
先月中旬から体調悪いんですわ

目の病気も
原因は不明。ストレス、疲労、ヘルペスなどの説がある。
とか書かれてるし帯状発疹にも昔かかってるしほんともうね
今の仕事もある種ストレスあるしなあw

この時期になる事がなかっただけにちょっと不意をつかれた感があるんですが
いつもなら秋口が一番多くて、その次に梅雨のあたりに数回あったんですが


まともな仕事できないなあとマジで思い始めてます
今の仕事もいつまで勤めてられるか正直わからんですし

なんとか早く色々と体の方を治していきたいですが何処まで治せるかですわな
スポンサーサイト

姫路城行ってみたいねえ
姫路城の漆喰は銀杏草とスサと石灰で漆喰を作ってるとの事
昔の製法と同じで

姫路城の補修の漆喰の量は100㌧・・・すげえな

城の補修ってほんと時間と年月がかかるんだなあ

瓦7万5千枚ってすごいねえ

白い状態の姫路城を見れるのも数年ですからほんと行ってみたいです


熊本城とか昔行きましたがやっぱり浪漫がありますわ
鹿児島には城と言えるものがない物ですごく羨ましく感じます