サクラんとミクロん
私(サクラん)が趣味で買い集めたミクロマンやガチャガチャなどの小さな隣人に関するレビューとか愚痴や雑談など。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



プロフィール

サクラん

Author:サクラん
サクラんのブログへようこそ!
ミクロマンとガチャフィギュアが中心のブログです。
まあ、ゲームの事とか向こうからこちらに移行していきますけどね

日記形式のブログではないので古い記事にもコメント大歓迎です。
(紹介文ぱくってますw)日記的な部分もあるけど気にするなーー

ええと、私がここのブログにそぐわないと思う記事はさくっと消すんでよろしく!(とくにエロへの誘導などはすぐ消すからね



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ガイア(大地)の戦士 テセウス
本日紹介するのは

マグネフォース MGM-02
マグネミクロマン テセウス

テセウス 011

左の方は前々から持ってたのですが右側のは、おっつさんから頂きました。
実は最初、緑の方はアキレスのカラバリとばかり思ってたので買ってませんでしたw

箱に入った感じも武器も似た感じだったので思いっきり勘違いしてましたわ



箱の裏より
陽気な性格をしたマグネフォースの副官。
チーム随一の怪力を持ち、その剛腕でどんな重火器をも、軽々と扱う事が出来る。
(剛腕ならその剛腕で殴ったり投げたりする方が私的には・・・・・)

デュアルガン
マグネフォース最強の攻撃力を誇る大型銃。
パルスガンとサブマシンガンに分離する。





パーフェクトワークスには
マグネミクロマンの一人で、明るい性格だが、フォボス達がアクロウィルスに
感染した事を誰よりも深く悲しんでいる(コミック基本設定より)。

装着しているガイアアーマーは、あらゆる衝撃に対して耐性がある。

頭部の集光樹脂パーツはホワイトクリアで、他のマグネミクロマン同様、頭部
から採光する事で両目が発光する。

標準武器のデュアルガンは、前後に分割する事ができ、それぞれを小銃として
手に持たせる事が可能である。

販売は2005年5月発売 1575円


と書かれています。


こいつもやはり久々弄ってみて思う事はこれ武器として持てねー仕様だよなあと
後、パーフェクトワークスの設定画とだいぶ形が違いますね。
造型氏さんコレどうしてだ?と聞きたくなります、てかトップは突っ込めよ

こいつもやはり3mmジョイントの所に差込方式のグリップが欲しかったなあ

ついでに言えば設定画ではちゃんとサブマシンガンの前にパルスガンをはめて
大型のデュアルガンになってますが・・・・
下の黒歴史メカのデザインとは違う形だったりするんですよねえ

ついでにあの接続用のパーツはテセウスでは使わないような気がするのは
私だけでしょうか

テセウス 001
左がテセウス スペーストラベラーVer.
右が通常版

テセウス 003

テセウス 002

テセウス 009

テセウス 004

テセウス 005

テセウス 006

テセウス 007

テセウス 008

テセウス 010

なんかスペースバージョンのポージングしてたら電王のジークを思い出す私



この人の名前もやはりギリシャ神話からミノタウロスを退治した英雄のテセウスから来ています。
テセウス『ウィキペディア(Wikipedia)』

テーセウス(ギリシア語:Θησεύς, ラテン文字表記:Theseus)は、ギリシア神話に登場する
伝説的なアテーナイの王である。長母音を省略してテセウスとも表記される。

ミーノータウロス退治などの冒険譚で知られ、ソポクレースの『コロノスのオイディプス』では憐み
深い賢知の王として描かれる。プルタルコスの『英雄伝』では古代ローマの建国の父ロームルス
と共に偉大な人物として紹介されている。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sakuran619.blog122.fc2.com/tb.php/493-a2028c67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)