サクラんとミクロん
私(サクラん)が趣味で買い集めたミクロマンやガチャガチャなどの小さな隣人に関するレビューとか愚痴や雑談など。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



プロフィール

サクラん

Author:サクラん
サクラんのブログへようこそ!
ミクロマンとガチャフィギュアが中心のブログです。
まあ、ゲームの事とか向こうからこちらに移行していきますけどね

日記形式のブログではないので古い記事にもコメント大歓迎です。
(紹介文ぱくってますw)日記的な部分もあるけど気にするなーー

ええと、私がここのブログにそぐわないと思う記事はさくっと消すんでよろしく!(とくにエロへの誘導などはすぐ消すからね



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



オヤマボクチと蕎麦
東京MXTVにて富倉そば(とみくらそば)のドキュメントがやっておりました

ウィキによりますと
-------------------------------------------------------------------------
長野県飯山市富倉に伝わる、つなぎに山ごぼう (主にオヤマボクチ) の茸毛 (葉の繊維)
を使った蕎麦。富倉に隣接する新潟県妙高市長沢にも同様の蕎麦が存在し、こちらは
長沢そば(ながさわそば)と呼ばれる。

富倉地区への交通が不便なことと、十割蕎麦にも通じる香りの良さやのど越しのよさから
一部では「幻のそば」として紹介される。

富倉集落の、農家が営む食堂で味わえる。ほか、中野市や東京都内でも富倉そばを供する
店がある。富倉に隣接する長沢集落にも、同様のそばを供する店がある。
-------------------------------------------------------------------------
葉の裏に綿毛があるみたいで昔は火起こし時の火口(ほくち)や火縄銃の材料になっていたと

根は漬け物にするなどして食べられる。

長野県飯山市の富倉そばでは、茸毛をつなぎに使っている。

原料としてヨモギの代わりにオヤマボクチの葉を用いることもあり、新潟県の笹団子や
山梨県と東京都/檜原村の草餅で利用される。山梨でウラジロと、東京都檜原村で
ネンネンボウと呼ぶことがある。

となってましので葉っぱも根っこも食える食材みたいですね
蕎麦を作る際に芦毛を混ぜて練っていくみたいで口当たりがよくなるらしいです
うーーん、食ってみたい





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sakuran619.blog122.fc2.com/tb.php/815-ac267607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)