サクラんとミクロん
私(サクラん)が趣味で買い集めたミクロマンやガチャガチャなどの小さな隣人に関するレビューとか愚痴や雑談など。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



プロフィール

サクラん

Author:サクラん
サクラんのブログへようこそ!
ミクロマンとガチャフィギュアが中心のブログです。
まあ、ゲームの事とか向こうからこちらに移行していきますけどね

日記形式のブログではないので古い記事にもコメント大歓迎です。
(紹介文ぱくってますw)日記的な部分もあるけど気にするなーー

ええと、私がここのブログにそぐわないと思う記事はさくっと消すんでよろしく!(とくにエロへの誘導などはすぐ消すからね



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



「DRAGONBALL EVOLUTION」
「DRAGONBALL EVOLUTION」 で浜崎あゆみさんが主題歌を歌う事に


コピペ
きっかけは、ウォン監督と配給元の20世紀フォックスからの熱い
ラブコール。製作側の「日本で生まれた大ヒット漫画のテーマ
ソングは日本人に歌ってほしい」との意向で、日本人歌手に絞って
探していたところ、あゆの楽曲を聴いたウォン監督が「心に深く
残るメッセージ性の強い作品(楽曲)」と感動し、依頼PORTER PR
これをあゆが快諾した。
テーマソング「Rule」(来年発売)は日本語詞のロックナンバー。
全世界タイアップながらも、ウォン監督の「クールな日本語が
いい」との依頼で、あゆが日本語で作詞。脚本を読んでポジティブ
な主人公をイメージして書き上げたエイプ pr
ハリウッド映画のテーマソングを歌うのは初めてで「昔から好き
だった漫画の1つなので、とても光栄。世界各国でドラゴンボール
ワールドが愛されることを期待します」と話している。


どうなる事やら



面白い物を見つけた

日本版予告編映像

あまりの突込み所満載でドラゴンボールってコレを言っちゃう所がすごい
とりあえず浜崎あゆみさま、歌わない方があなたの為になると思います。
黒歴史になるぞw


メモ
チャンピオン四十週記念企画での 「プラレス3四郎」読みきりの掲載
7月2日売りの週間少年チャンピオン 第31号に決定

との事です

早く読みたいですねええ

ご冥福を祈ります
群馬・長野県境にある荒船山(標高約1423メートル)で19日に発見された男性の遺体は、人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者・臼井儀人(うすい・よしと〈本名・義人〉)さん(51)=埼玉県春日部市=とわかった。遺体は20日午後、群馬県警がヘリで収容し、下仁田署が体の特徴などによって確認した。


すごく残念です

平成のファミリー漫画の第一人者の臼井先生がお亡くなりになったようです。
捜索願が出ていたのはネットの記事で知っていました、山に登ってってのも
記事で読んでいたのでただ死体が本人でないって願っていましたが・・・・・
非常に残念です

平成元年頃にアニメ化された時は正直びっくりしましたわ
こんな漫画があったんだとw、通常の30分の物も面白いですし映画の方は
しっかりとした作りでTVで時折流れる際はよく拝見させて頂いてました

ご冥福を祈ります


「鉄拳6」にて
「鉄拳6」にて

永野護氏によるエクストラコスチュームの画像も掲載


とりあえず

仕事しろ永野・・・FSSを早く完結させろ

業界の皆様お願いだから無意味に永野先生に仕事頼むの辞めてくれるw
それじゃなくても作品製作が遅い人なんだからwww

ハンターxハンターの作者にも言える事なんですけどね

内山まもる「帰ってきたウルトラマン[完全復刻版]」
先ほど、こう言う記事を見つけた
うおおおおおおおおおおおお
コレは欲しいいいいいいいいいいいいいいいい



画像
内山まもる「帰ってきたウルトラマン[完全復刻版]」(c)1971-1974 円谷プロ
内山まもる「帰ってきたウルトラマン[完全復刻版]




▽引用元 コミックナタリー

内山まもる版ウルトラマン復刻、樋口真嗣が熱烈コメント
2011年8月12日 16:07

1971年から74年に小学二年生(小学館)で連載されていた、
内山まもるの「ウルトラマン」シリーズ4作品が単行本化する。
その第1弾として、「帰ってきたウルトラマン[完全復刻版]」が
復刊ドットコムより9月下旬に発売される。



内山まもる版「ウルトラマン」は、数あるコミカライズの中でも高い人気を得ながら、
長らく入手困難となっていたレア作品。この度円谷プロによるウルトラマンシリーズ
45周年企画として、「帰ってきたウルトラマン」「ウルトラマンA」「ウルトラマンタロウ」
「ウルトラマンレオ」の刊行が決定した。

単行本には連載時の全扉絵を含む本編のほか、内山の新規インタビューや、
ミニメッセージマンガも収録。さらに当時愛読していたという映画監督の樋口真嗣が、
復刊を祝し「生きててよかった!」と熱烈な推薦文を寄せている。

なお復刊ドットコムでは「帰ってきたウルトラマン[完全復刻版]」の購入手続きをした人の中から、
抽選で20名に内山のサイン本をプレゼント。シリーズ続刊の「ウルトラマンA」は10月下旬、
「ウルトラマンタロウ」は11月下旬、「ウルトラマンレオ」は12月下旬の発売予定だ。

樋口真嗣コメント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
小学生のころ、夏休みの友達の家、兄貴の部屋で貪るように読んだあのウルトラマンたち。
それまで読んできた、どの“ウルトラマン漫画”よりもシャープでかっこよく、
学年誌漫画であることの甘えや妥協のない、尖鋭なビジュアル、一期一会の集中力で
脳裏に刻みつけたテレビ版の印象を裏切ることなく増幅させていたイメージ。
記憶の中で混濁してしまったあの印象が鮮烈によみがえる。生きててよかった! 

内山まもるコメント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
一生懸命に描いていたウルトラマンですが、今回、こんな形で単行本になってたいへん嬉しく思っています。
復刊ドットコムさんのサイトに寄せられた、皆さんのリクエストの言葉を読むにつれ、胸が熱くなる思いです。
これほどまでに長く、いつまでも読者に影響を与えるなんて、当時は想像だにしませんでしたからね。
今振り返っても、たしかに、あの頃の自分はウルトラマンを描くことに無我夢中で、燃えていました。
今回の刊行を嬉しく思いますし、円谷プロさんや小学館さんの後押しにも感謝しています。
ありがとうございました。